携帯スマホの通話を録音できたら

良いと思いませんか?

 

ビジネスの大事な通話を

録音したり、

交通事故などの

保険会社との通話を

録音しておいたりだとか・・・

 

言った、言ってないの

トラブルになりそうな事は

録音しておいた方が良いですよね

 

それ、いいかも!

・・・と思ったあなたに、

スマホの通話を録音してくれる

Android用アプリを紹介します

 

通話録音 - ACR・アイコン

 

名称 通話録音 – ACR
料金 無料
提供元 NLL
サイズ 2.0M
要件 Android4.0.3 以上

 

DLバナー03

 


スポンサーリンク



 

インストールと安全性

通話録音 - ACR01
【インストール画面】

このアプリが必要とするアクセスです。

※アプリに脅威は有りませんでした

ウイルスバスターズで確認)

 

合意する」をタップ

インストール完了

 

アプリを初めて起動する時に、

以下の同意を求めてきます。

通話録音 - ACR02

僕はそのままチェックをいれてOKしましたが、心配でしたら調べた上でOKしてくださいね。

 

ACRの使い方

通話録音 - ACR03

◆アプリのメイン画面◆

(画面最下部は、広告です)

このアプリは常駐型なので、

通信バーにアイコンが表示されます。

(青矢印先)

 

あとは、通話録音の条件設定をして

アプリを閉じるだけ。

(設定の解説は後ほどに・・・)

 

条件通りの着信が有った場合や、

こちらから電話をした場合に

会話が自動録音されます。

 

通話録音 - ACR04

電話で通話した後にアプリを開くと、

「通話データ」(赤枠)が追加されます。

 

データを再生します。

通話データ(赤枠)タップ

通話録音 - ACR05

▲「通話データのメニュー」が開きます。

 

ここで、「再生」をタップするだけで、

録音通話が聞けます

 

ACRの設定方法

初期設定のままで使うと

全ての通話を録音してしまうので

スマホの容量が持ちません。

 

通話録音の設定をして

快適にスマホを使いましょう。

 

設定画面の説明

▼「設定画面」を開きます。

通話録音 - ACR03-1

メイン画面の「メニュー(青丸)タップ

通話録音 - ACR06

設定」をタップ

通話録音 - ACR07

▲「設定画面」が開きました。

 

一覧の中から主に設定するのは、

「一般」と「録音」になります。

 

ちなみに「クラウドサービス」は、

Dropboxなどのサービスが

利用できる機能ですが

有料版のみで使えるサービスです。

 

「一般」の設定方法

▼「設定画面」の「一般」をタップ

通話録音 - ACR08

▲「一般」の設定一覧です。

 

特に変更する欄は有りませんが、

基本状態でチェックが無い部分の

ご説明をしておきます。

 

「PINを使用」

アプリ起動時にパスワード設定する場合、

ONにして下さい。

 

「タップで再生」

録音したデータを再生する時に

データをタップすると、即再生します。

 

基本設定のままだと

「通話データのメニュー」が開いて、

「再生」をタップするので

1タップ分、手間が省けます。

 

この場合、

「通話データのメニュー」表示は

長押しで開くことができます。

 

この設定はONにする事を

おすすめします♪

 

「録音」の設定方法

「録音」設定の項目と説明をします。

 

▼「設定画面」の「録音」をタップ

通話録音 - ACR09-1A

「保存先」

データの保存先を選びます。

データの容量が増えるので、

SDカードを利用するのが良いです。

 

「録音を保持するか尋ねる」

電話を切った直後に、

登録・消去の確認が出て選べます。

 

「自動削除」

日数を設定して、それより古いデータは

自動的に削除するようにします。

 

「短い録音を削除」

秒数を設定すると、

それより短い会話は録音しない設定

・・・有料版のみ使える設定です。

 

 

通話録音 - ACR09-2A

「録音のタイミング」

着信時に録音のするしないを

手動で選べるようにする設定です。

・・・が、有料版のみ使える設定です。

 

「発信時に遅れて録音」

発信してから、設定した秒数後に

録音を開始する設定。

 

「着信時に遅れて録音」

通話を押してから、設定した秒数後に

録音を開始する設定。

 

通話録音 - ACR09-3A

「Bluetoothを使用」

スマホをイヤホンマイクで

通話する場合に設定します。

 

「着信」

着信の場合の録音する・しないの選択

  • 全員
  • コンタクト
  • 選択したコンタクト
  • 知らない番号
  • 不明な番号
  • は無効

以上の選択肢が有ります。

赤文字で書いた項目は

有料版のみ使える設定です。

 

選んだ項目が録音するになります。

例えば、

「全員」なら、着信は全て録音。

「は無効」なら、録音はしない。

 

ここで「コンタクト」と言う見慣れない言葉が有りますが、調べて見るとアドレス帳に登録している電話先のことでした。

 

「発信」

発信の場合の録音する・しないの選択

こちらも選択肢が有りますが、

の「着信」と同じ内容です。

 

「除外」

この設定で選んだ連絡先は録音しません。

入力方法は、手入力か

アドレス帳からの選択ができます。

 

「常に録音」

この設定で選んだ連絡先は録音します。

入力方法は、手入力か

アドレス帳からの選択ができます。

 

以上が「録音」設定でした。

 

無料版で使う場合

チラホラと制限は有りますが、

⑨~⑫の設定をうまく組み合わせたら

自分の思うような優先設定が

作れそうですね!

 

ACRの注意点

最後に、ACRの注意点を書きます。

まず、別の通話録音アプリがインストールされていると録音が出来ない場合が有るみたいなので、そんな場合はスマホにメーカー専用の通話録音アプリが最初から入っていないか確認してみてください。

一部の端末では、モデルのCPUの問題で正常に動かない場合があるそうです。

 

注意点は以上です。

 


 

必要になった時に、

有ったら便利なアプリなので

インストールしてみて下さいね!

 

以上

通話録音 – ACR」の

紹介記事でした。

 

最後まで

読んで頂いて有り難うございます。

もくじページはコチラ!

 

DLバナー03

 

best5バナー50

1位:世界最大級音楽配信サービスが無料!
⇒ Spotify(スポティファイ)

2位:9種類のパズルゲームで懸賞品ゲット!
⇒ 懸賞パズルパクロス2

3位:スマホ画面上で簡単!写真コーラジュ♪
⇒ PicCollage

4位:ボイスレコーダー?そんなの購入不要!
⇒ 簡単ボイスレコーダー

5位:スマホ動作 遅い!重たい!を解消!
⇒ メモリそうじ専科

 


スポンサーリンク



~ご注意~
本アプリの使い方、設定、料金は
記事作成時の情報に基づいて作成しました。

アプリの更新で内容と食い違う場合が発生するかも知れません。
こちらで変更に気付いたカ所に関しては
随時記事内容を追記していきます!